Hatena::Groupcoders

ラシウラ出張所 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/10/22

[][] すごく遅まきながらOpenCVを使ってみた  すごく遅まきながらOpenCVを使ってみた - ラシウラ出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  すごく遅まきながらOpenCVを使ってみた - ラシウラ出張所  すごく遅まきながらOpenCVを使ってみた - ラシウラ出張所 のブックマークコメント

しかも動くが(OpenCVの使い方が)完璧理解できてないという状態。

デフォルトPythonインタフェースが入ってるのはうれしいですが、使い方がよくわからないのが難しかった。とくにイメージ間操作が。

OpenCVが出たとき作られてた顔にイメージを当てるcgiを書いてみた。とりあえず、sample/python/facedetect.pyを元に、image2次元配列っぽく操作できるところまではできた。

                     int(rect.height * image_scale)),

このcgiのほかに、cacheとconvertedのディレクトリ、スタンプ用のstamp.pngと、OpenCV付属のhaarcascade_frontalface_alt.xmlも必要。

長いけど、OpenCV部分は_convertメソッド内で閉じてます。ほかはWSGIの処理で、その中でURLの?以降の文字列をそのままリソースをとってきて、画像でなければそこにリダイレクト画像なら保存して変換、変換したファイルリダイレクトしてます。

_convert部分は、facedetectほぼそのまま、なぜscale変換をしてるのかもよくわかってない。検出できた顔部分のrectから、stampをそのサイズにリサイズするまではいいが、それを埋め込むときどうするかで悩む。もしかして行列操作なのかな。